2007年07月20日

爪タトゥーとは

爪タトゥー

爪:爪(つめ)とは、爬虫類以上の脊椎動物の指の先端の背面にある表皮の角質が変化し硬化して出来た板状の皮膚の付属器官の事。哺乳類では種によって特化している。ここでは人間の爪について説明する。動物の爪等については後述の関連項目を参照。

表皮から変化して出来た点に於いては、爪と毛を総じて「角質器」とも呼ぶ。爪が指先を保護するおかげで、手足の動作に於いて指先に力を加えたり、うまく歩く事が出来る等、爪は動物にとって重要な役割を果たしている。爪の下部には毛細血管が集中しており、爪は血液の健康状態に影響され易い。文化面では各種の身体装飾を施すファッションの対象にもなる。また、物を引っかけたり剥がす作業に用いる道具も爪と呼ばれる。

タトゥー:入れ墨(いれずみ)とは、墨を人の皮下に入れること、または施術された文様。イレズミという言葉は、入れ墨、 入墨、文身、 剳青、 黥、 刺青、色々な漢字で書かれる(文身は「ブンシン」とも)。「彫り物」も入れ墨をさして使われる事がある。特に西洋の影響で施す入れ墨をタトゥー(英: tattoo)(仏:Tatouage)と呼びわけることが多い。

爪タトゥーとはその二つをあわせたもの。
posted by 爪とタトゥー at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。